栄養バランスを考える時に便利!〇〇群

加圧体験やファスティング等ダイエットや健康に役立つ耳より情報を発信

栄養バランスを考える時に便利!〇〇群

こんにちは。カロリアの上田です。

最近、小学生の子どもが「ご飯は、赤・黄色・緑で食べて。って習った」と
言ってたんですよ。

お~、なつかしい。私たちも、栄養の授業で習ったであろう"食品群"のことですね!
ただ子どもの頃のことなので、内容がうろ覚えで漠然としているのではないでしょうか。

それで、本日は
栄養バランスって、何をどのくらい食べればいいのか?を考える時にお役立ちの
「食品群」についてまとめてみました(^o^)/

1ce9dfe9b1c8d13046df386cf1693335_s.jpg

【食品群とは?】
食品群とは、食品に含まれる栄養素を体の中での働きごとにグループ分けしたものです。
3つ、4つ、6つの分け方があります。3色食品群は、子ども達にもおなじみの分かりやすい
分け方です。4つは、それに乳製品・卵を独立させた形です。6つは、3色食品群をさらに
細かく分け、1日のバランスを細かくしっかりバランスよく管理したい方向けなのだそうです。


【おなじみ3色食品群】
赤群⇒体をつくるもとになる:筋肉や血液、骨など体の構成成分となるタンパク質を含むもの。
   (肉・魚・卵・豆・牛乳・乳製品など)

黄群⇒エネルギーのもとになる:熱を生み、エネルギーをつくり出す糖質や脂質を多く含む。
   (穀類・麺類・いも類・油・砂糖など)

緑群⇒体の調子を整える:ビタミンやミネラルなど、身体の機能を調整する栄養素を含む。
   (野菜・果物・きのこ類など)

【4つの食品群】
第1群⇒骨をつくり、成長を促す:カルシウムやビタミンB2などを多く含む食品。
    (牛乳・乳製品・卵など)

第2群⇒筋肉や血液をつくる:タンパク質や鉄などを多く含む。
    (肉・魚・豆・豆製品など)

第3群⇒体の調子を整える:ビタミンCやカロテン、食物繊維などを含む。
    (野菜、キノコ類、海藻、いも類、果物など)

第4群⇒エネルギー源になる:糖質や脂質、ビタミンB1などを多く含む。
    (穀類・油脂・砂糖など)


【6つの基礎食品群】
赤群(1群)⇒タンパク質が豊富。血液や筋肉を作る。 
     (肉・魚・大豆製品など)

赤群(2群)⇒カルシウムが豊富で骨や歯をつくる。  
     (海藻・牛乳・乳製品など)

緑群(3群)⇒カロテン、ビタミンが豊富で皮膚や粘膜を守る。
      (にんじん・トマト・かぼちゃなど緑黄色野菜)

緑群(4群)⇒ビタミン、ミネラルが豊富で体の調子を整える。
     (白菜・大根など淡色野菜、果物)

黄群(5群)⇒炭水化物が豊富でエネルギー源になる。
     (米・砂糖・いも類など)

黄群(6群)⇒脂質が豊富でエネルギー源になる。
     (油・バターなど)

※牛乳や乳製品については、賛否両論ありますのでご自分の判断でお召上がりください

まとめてみると、すごく分かりやすいですね~。
今思えば、学校の授業って、やはりベースをしっかりおさえて
教えてくれているんですね。あの頃は、そこまでの理解力なかったですが(笑)

毎日6つの基礎食品群をしっかり管理!となると、けっこう大変かと思いますので
ご自分のできる範囲から、赤・黄・緑の食品群を参考に、食事バランスをみていくと
ダイエットにも、体調管理にもお役立ちです☆

★★★★★ お問い合わせ ★★★★★
カロリアダイエット学院
☎ 098-988-6466
✉ shop@kokokara-shokuiku.jp

http://www.40diet.net/
https://www.facebook.com/kokokara.shokuiku.shop

完全予約制となっていますので事前に
お問い合わせください。            

★★★★★★★★★★★★★★★★★

ダイエットや体質改善のご相談は『栄養カウンセリング』を
ご利用ください
↓↓↓

https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/6391

ページの先頭に戻る