脂肪を減らす7つのポイント!

加圧体験やファスティング等ダイエットや健康に役立つ耳より情報を発信

脂肪を減らす7つのポイント!

こんにちは。カロリアの上田です。

あっという間に、1月も後半ですね~(^^)
最近は日が暮れるのも遅くなって、今日ふっと見ると
近所の桜が咲いてました!

本土の桜は薄ピンクで風にサラサラ~っと吹かれてすごくキレイですよね。
沖縄の桜は、濃いピンクでしっかり、木にくっついてますが
それはそれで、キレイで愛らしくワタシは大好きです(^o^)/

0d77aea431552edb07cbf87818405d07_s.jpg

さて、本日はおさらいになると思いますがダイエットの話題です。
脂肪を減らす7つのポイント♪と題してお届けします。

①まずは、実現可能な範囲で具体的な目標を立てる
自分が達成しやすい、目標からスタートすることで、全然達成できないから
や~めた!ということを防ぐことができます。
目標体重も「まずは、1カ月1kg~3㎏減らす」や「ウエスト周りを1cm~3cm細くする」
「階段があったら、階段を利用する」「週1回は運動する機会を作る」
「今、食べているお菓子やお酒の量を半分にする」などなど
ちょっとがんばるとできる範囲で長い目でみてダイエットをはじめると
達成しやすいです。

②ダイエット日記をつける
簡単でいいので、毎日の体重の変化や、食べた食事内容、運動の有無
やれたことなどを書いておくことで、客観的に現状を見ることができます。
記録をつけていくことで、「昨日は食べ過ぎたから、今日は野菜多めの粗食に
しよう!」など、調整もできます。
日記は、自分へのダメだしにならないように、目標に向かって日々取り組んでいる
自分への応援とモチベーション維持に使ってくださいね(^^)

③できるだけ、早食いをやめる
現代人は忙しい、プラス仕事の関係でどうしても早食いになってしまうことも
あるかもしれません。ゆっくりよくかんで食べることで、満腹中枢が働いて
食べ過ぎを防げるので、できるだけ意識しましょう。

④夕食は軽めにし、寝る直前は食べない。
残業で遅くに帰り、お腹空いた~、夜遅くについつい食べ過ぎてしまう。。。
ということもあると思いますが、夜遅くとった食事のエネルギーは
使われることなく脂肪としてたまってしまいます。
夕飯が遅くなりそうな時は、夕方にバナナなどの果物やナッツ類、おにぎり1個
など、少し小腹を満たしてくれるものを食べてつなぎとして
遅い夕飯は、サラダと汁物だけにする。食べなくても大丈夫なら食べないなど
工夫することで体重の減りが違ってきます。

⑤甘いモノやアルコールを控えて、糖質は適量に
食事の量はそんなに多くないのに体重が増えるな~という場合は間食や夜食
炭水化物が多いなどで適正カロリーをオーバーしていることがあります。
そんな時は、急に全然食べない!状態にするのではなく、今食べている量の
まずは半分に減らしたり、お菓子は果物で代用するなど、徐々に減らすように
工夫してみてください。

⑥運動を取り入れる
ダイエットには食事の見直しとカロリーを適正量にすることが大切ですが
それプラスちょっとした運動を取り入れることで、基礎代謝がアップして
太りにくくやせやすい体になる。血行がよくなり疲れがたまりにくくなる。
など、エネルギー消費やスタイルアップにも有効です。
気負わずに、5分以内でできるラジオ体操やプチ筋トレを毎日の習慣に
取り入れたり、時間がある時は息が切れない速さでウォーキングするなど
自分が楽にできる運動から取り入れてみてください。

⑦ストレスを食べる以外で解消する
美味しいモノを食べてストレス解消~♪気持ち的には、すごくよくわかります(笑)
ただ、ダイエット中はせっかくの今までのがんばりもありますし、食べること以外の
自分の好きなこと、楽しいことをして上手にストレス解消しましょう☆


たとえ、三日坊主でもそれを100回続けたら100日達成!!
ダイエットもできることから見直し&改善して目標を達成しましょう♪


しっかり、集中してサポートされながら目標体重を達成したい!!という方は
こちらから ↓↓ 

https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/6391

★★★★★ お問い合わせ ★★★★★
カロリアダイエット学院
☎ 098-988-6466
✉ shop@kokokara-shokuiku.jp

http://www.40diet.net/
https://www.facebook.com/kokokara.shokuiku.shop

完全予約制となっていますので事前に
お問い合わせください。            

★★★★★★★★★★★★★★★★★

ダイエットや体質改善のご相談は『栄養カウンセリング』を
ご利用ください
↓↓↓

https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/6391

ページの先頭に戻る