ダイエットと睡眠の関係って?

加圧体験やファスティング等ダイエットや健康に役立つ耳より情報を発信

ダイエットと睡眠の関係って?

こんにちは。カロリアの上田です☆

突然ですが皆さまは、夜よく眠れていますか?(^^)
人によって睡眠時間も、熟睡度合も日々違いがあると思いますが
どうやら秋は、夏の間の睡眠負債(睡眠不足)の影響が出やすい時期のようです。

さらに睡眠不足は、ダイエットとも関係があるんですよ!
ダイエット中で食事も意識している、運動もやっているのにあまり体重が減らないな~
という方は、もしかすると、睡眠不足がダイエットに影響しているのかもしれません。

01ed8f2b9bd22f25f9b4ea14adcf3568_s.jpg
【どうして秋は睡眠負債になりやすいの?】
もともと人間の体は、太陽が長く出ている春~夏は活動期で、秋~冬は休息期に
切り替えて体の機能を保っています。
それが現代人、暑すぎて寝れない・・ストレス満載で寝たいのに寝れない・・など、
夏の疲れが日々積み重なって、秋の休息期の切り替えも上手くできず
疲労もピークに達し、しっかり眠るパワーすらない・・という状態になってしまいます。


【睡眠とダイエットの関係】
睡眠不足になると、代謝が下がり、さらに食欲を増進させてしまうホルモンが多く
分泌されてしまいます。

胃から分泌される、食欲増進するホルモン「グレリン」
 睡眠不足の時にたくさん分泌されて、脳の食欲中枢を刺激!お腹空いた~!
 もっと食べた~い!とドカ食いの原因に。

脂肪細胞から出る、食欲を抑えるホルモン「レプチン」
 睡眠が十分にとれていると、分泌量が増えて、脳の満腹中枢を刺激してくれるので
 食べ過ぎを抑えてくれます。しかし、寝不足で分泌量が少ないと、食べているのに
 「満腹にならな~い!もっと食べた~い!」となり、食欲が止められない。


【質のいい眠りで痩せるホルモンを活発に】
睡眠は貯蓄できないので、日々、質の良い睡眠を意識して続けることが痩せホルモンを
活発にするポイントです。

代謝アップ、疲労回復、体の修復などすごいホルモン「成長ホルモン」
 22時~2時に大量に分泌される成長ホルモン。成長期の子どもだけでなく、私たち
 大人にも必要な大事なホルモンです。代謝を上げて、細胞を修復や疲労を回復し
 肌や髪をキレイに保ってくれたりとアンチエイジングにも役立っています。

体の脂肪や糖質を寝ている間に燃焼させてくれるホルモン「コルチゾール」
 午前3時~6時に大量に分泌されます。このコルチゾールが、寝ている間に
 脂肪や糖質を燃焼させてエネルギーに変えて朝起きてすぐ活動ができるように
 してくれています。


【眠る前の一工夫】
◆ストレッチや軽い運動をする
◆温め(38度くらい)の湯船につかる
◆布団の中できもちよく深呼吸を数回繰り返す
◆眠りに入りやすい音楽をかける
◆夕食の糖質は控えめに、寝る前は甘い物は食べない
 など。

ご自分が、「これはいいな」「できそう」と思うものは取り入れて、できるだけ
心地よく眠れるようにご自分や環境を整えてあげてくださいね(^o^)/

★★★★★ お問い合わせ ★★★★★
カロリアダイエット学院

沖縄県宜野湾市大山6-28-5
フレンドリー真志喜202
☎ 098-988-6466

✉ shop@kokokara-shokuiku.jp
http://www.40diet.net/
https://www.facebook.com/kokokara.shokuiku.shop

営業時間:10:00~17:00

完全予約制となっています。
ご来店の際はお問い合わせください。            

★★★★★★★★★★★★★★★★★

ページの先頭に戻る