意外と知らない~断食の歴史~

加圧体験やファスティング等ダイエットや健康に役立つ耳より情報を発信

意外と知らない~断食の歴史~

こんにちは。カロリアの上田です。

沖縄ここ最近からずいぶん寒さが増してきました~。
寒いけど衣替えまだなので、半袖の上から羽織りもの羽織ったり
半袖でしのいだりしています!(^^)!
そしてこの季節の変わり目、さっそく、下の子は発熱しております・・。
皆さまもお身体ご自愛くださいませ☆

ddbb4b6fd7b11ee6fb6e38bf219691ee_s.jpg
さて、本日は意外に知らない!断食の歴史をご紹介します☆
断食っていうと、何だか、昔から滝に打たれるようなお坊さん達が修行のために
やってた~というイメージが強いかと思います。

最近はファスティングという言葉がメジャーになってきているので、すごくオシャレ感が
ありますよね(^o^)/
英語と日本語の違いだけなんですが・・(笑)

また現在は修行的な要素だけではなく、ダイエットや身体の不調を整えるツールとして気軽
に活用されていますよね。
日本では、昔から五感を研ぎ澄まし自然と繋がる行の1つとして行われてきたのだそうです。

【断食療法を支えてきた人たち】

~江戸時代~
●木喰上人(仏教行者・仏像彫刻家)
江戸時代に木の仏さまを彫りながら諸国の山々を遍歴した方。
肉も米、麦、ひえ、あわ、きびの五穀も断ち、水で溶いたそば粉飲みを常食として
93歳まで生きたそうです。

現代の私たちには、考えられない生活ですが、すごい人ですね!

~明治から昭和~
近代以降からは、食事療法の一つとして医療の現場で断食が取り入れられるように
なったそうです。
●石塚左玄(医師・薬剤師)
明治時代に玄米菜食を提唱。医療に食事療法を取り入れた草分け的存在の方。

●桜沢如一(マクロビの提唱者)
食養に陰陽思想を取り入れ、日本やアメリカで広めた方。

●二木謙三(細菌学者・医師)
1日1食、玄米菜食を中心とした二木式健康法を提唱した方。

●西勝造(西式健康法の創始者)
断食を主体にした食事療法を取り入れてきた第一人者の方。

明治から昭和にかけての方々は、修行僧ではなく医師が多いですね。
だんだんと、実生活に断食が取り入れられている感じがします。
でも、この頃の一般に断食を広める初期の方たちは、確立するまでに
たくさんの苦労があったでしょうね。その流れを汲んだ方たちが現在の
昭和~現代に登場です。

~昭和から現代~
●甲田光雄(医師・医学博士)
西式健康法のエッセンスを受け継ぎ、臨床に生かした方。
「西式甲田療法」を確立。
断食や生食を研究して、小食を提唱している。

●森下敬一(医学博士)
ガンや慢性病を食事療法で直す自然医食を提唱した方。

●石原結貴(医師・医学博士)
ロシアで断食療法を学び、週末断食や朝断食などをすすめた方。
一般的に断食が広まる契機となった。

●山田豊文(杏林予防医学研究所所長)
独自のミネラル・ファステイング法を開発し、スポーツ選手の栄養指導や
能力開発などに成果を上げている。

●佐古田三郎(医師・医学博士)
パーキンソン病などの難病の治療に断食などを取り入れ、成果を上げている方。

昭和から現代にかけては、本で読んだことがある方などがいますね(^^)
ファステイング(断食)も、時代とともに進化して、より私たちの健康や幸せに
貢献してくれているのですね!
また、研究を重ねて時代に合う断食の方法を編み出したり
断食療法を支えてきてくださった方々に感謝です☆

それだからこそ、修行のようなキツイ断食をすることなく
心も体もスッキリ☆軽やかになれる断食ができるのですね~(^o^)/

★★★★★ お問い合わせ ★★★★★
カロリアダイエット学院

沖縄県中頭郡読谷村大木8-2
☎ 098-988-6466

✉ shop@kokokara-shokuiku.jp
http://www.40diet.net/
https://www.facebook.com/kokokara.shokuiku.shop

営業時間:10:00~17:00

完全予約制となっています。
ご来店の際はお問い合わせください。            

★★★★★★★★★★★★★★★★★  

ページの先頭に戻る